to hometown-index 東京ミュージカルキッズオフィシャルサイト

■東京ミュージカルキッズ 吉祥寺校■
東京ミュージカルキッズ ただいま出演者募集!
東京ミュージカルキッズは、総合芸術『ミュージカル』を通じてこどもの心と夢と可能性をひろげる、教育機関です。

■レッスンは、チームメンバーに合わせたオリジナル作品の創作から始まります。作曲家の指導のもと、子供たちも脚本や歌作りに挑戦!

■舞台で活躍中の俳優が直接指導にあたります。幼い頃の夢を叶えて走り続ける彼らの存在は、こども達に将来への夢をあたえています。

■舞台は俳優だけでは完成しません。自分たちで背景を描いたり衣装をデザインしたりすることで、子供たちは舞台がいろんな人の力によって成り立っていることを知り、自分の能力やお友達の個性、得意分野を認め合える、豊かな心を育みます。

■本番公演は渋谷区『東京都児童会館』(収容約700名)。大きなホールでも物怖じせず、練習の成果を出し切ったキッズたちは、たくましく成長しています。見守る親たちも、深い感動に包まれます。

「東京ミュージカルキッズ」は、母親でもある女性企業家たちが中心となって設立したNPO(特定非営利活動)法人です(現在申請中)。多くの母親たちと、その理念に賛同する企業・個人によって運営されています。
ミュージカルを通じて子供たちがより楽しく、よりすこやかに、「自分の人生を自分で切り拓く力」を身につけられる教育を目指しています。詳しくはHPをご覧ください。

 

「わが子が変わった!」保護者のみなさまからの声をご紹介します。

演技、歌唱、ダンス、作曲、美術、衣装。すべてが充実の特別講師陣。
岡田 紗知 女優 大関 真 俳優
 高校からミュージカルを本格的に学び、昭和音大短期大学部声楽家在学中に芸能プロダクションに入所。TV、CM、映画、舞台などに出演。劇団四季合格。Rカンパニー「音楽座」初期メンバー。舞台を中心に活躍する傍ら子どものタレントプロダクションでも講師を勤め、教え子を『アニー』などに多数排出する、キッズ指導のプロフェッショナル。

<出演作>『赤毛のアン』、
オペラ『アイーダ』など多数。
 9歳よりモダンバレエを始めたことがきっかけで舞台に目覚め、俳優を志す。劇団ひまわりを経て、劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属。ミュージカル、アクション、コメディと幅広くこなすキャラクターで活躍し、TV、CM、PVなどにも多数出演。また同劇団舞台『NOBORDER』では演出家としても才能を発揮し、今後がもっとも注目される俳優。

<出演作>劇団SET 作品多数。花王『クリアクリーン』CM 他多数。
脚本・作曲 ■まき りか(作詞作曲家『桃太郎電鉄』シリーズ編曲、CMソング多数)
美術・衣装 ■吉田みゆ紀(舞台美術家・イラストレーター)
        ■オガワヒロコ(コスチュームデザイナー)

演技、歌唱、ダンス、作曲、美術、衣装。すべてが充実の特別講師陣。

11月24日、スタジオアムリタで行なわれたミュージカルキッズの体験レッスンを取材しました。
スタジオに入ると、先生が子供たちと触れあいながら、自己紹介をしています。知らない人との出会いと初めての体験レッスンの雰囲気に、子供たちはちょっと緊張気味・・・・。

そんな様子を見ていた先生が「まずは深呼吸から!」と、鏡に向かって大きく深呼吸を始めました。先生の真似をして深呼吸する子供たちの顔から、だんだん緊張がほぐれていきます。小さい子も一生懸命!

それでもまだ固い表情の残る子供たちに、先生は「鬼ごっこをしよう!」と提案。全員でスタジオ中を走り回ります。逃げたりつかまえたりするうちに、子供たちは自然と仲良くなっていきました。すると先生は次に、「動物の動きのマネをしながら鬼ごっこをしよう!」と提案。 子供たちは、ウサギや猿の真似をしながら元気いっぱいに鬼ごっこをします。楽しく遊んでいるように見せながら、模倣演技のレッスンを進めていく先生のマジックはさすが!もう緊張感はありません。これで準備万端!
先生と子供たちは「これからきちんとレッスンを受ける代わりに最後にもう一回鬼ごっこをする」と約束を交わし、レッスンが再開しました。

表情づくりのレッスンが始まりました。鏡の前に座りながら変な顔をつくったり、『ん〜〜、ぱっ』と顔の筋肉を使ったり、唇をふるわせたりと、色々な表情の練習をします。
先生たちの面白い顔に笑い転げながら、表情づくりにがんばる子供たち。レッスンをすっかり楽しんでいる様子です。

唇をくっつけて、誰が一番長くぶるぶる震わせることができるか競争が始まると、先生に負けないように、みんな息を思い切り吸って、長く震わせようとがんばります。

続いては発声練習です。声に高低差をつけて「あ〜あ〜」と発声する顔は、さきほどとは違って真剣そのもの。ジャンプをしながらなど、様々な発声法を学びます。

最後は、みんなで一緒に歌の大合唱。大きく元気いっぱいな歌が、スタジオ中に響きました。

「ありがとうございました!」と、終わりの挨拶も忘れない礼儀正しい子供たち。

二時間半にも及ぶレッスンでしたが、子供たちは疲れるどころか、みんな仲良しになってまだまだ元気いっぱい。
先生と約束していた鬼ごっこ第二弾をして、体験レッスンは楽しく終了しました(先生はへとへとになっていましたが・・・)。


先生に、今回のレッスンについて伺いました。
「レッスン内容は、楽しく自然に演劇をするために、子供たちのそのときの雰囲気に合わせて変えています。今日は初日なので子供たちの人見知りが激しくて、いかにレッスンに引き込むか考えさせられました。こうして、逆に子どもから教わることも多いんですよ」
あの鬼ごっこや唇ぶるぶるの競争など、先生の努力や工夫が子供たちを楽しくレッスンに向かわせているんですね。

春の発表会に向けて、みなさん、頑張ってください!


着実に力をつける、過程がみえる、カリキュラム。
1日のスケジュール・レッスン内容

■吉祥寺校のスケジュール■

レッスン:毎週曜日16:30〜18:00(15時から入室&練習できます)
練習会場:スタジオアムリタ ウエストB1スタジオ

健全んか心の育成を願い、学習にも役立つ演目を創作しています。
東京ミュージカルキッズでは、創作ポリシーとして、
以下の大きな4つの柱をテーマにしています。
自然科学ミュージカルサケの一生をテーマにしたミュージカル『ひとつぶの命』の創作上演以来「自然科学ミュージカル」というジャンルを確立しました。
来春は『千歳サケのふるさと館』監修のもと『ひとつぶの命』をよりスケールアップして再演します。
思いやりと心の通いあい全作品と通じて、伝えていきたい、思いやりの心。友達や家族との心の通いあい。音楽の力をかりるからこそ伝わるメッセージがあります。
名作絵本『にじいろのしまうま』を原作にしたオリジナルミュージカルは、来春にもスケールアップして再演します。
異文化の理解と交流民族音楽、民族文化をとりいれた創作活動を通じて東京ミュージカルキッズならではの異文化交流、国際人の育成をめざしています。
来春は南青山チームが、ベリーダンス&アラブ音楽とコラボレートし、エジプト色ゆたかなオリジナルミュージカルを創りあげます。
日本の伝統と文化を知る日本文化や伝統にふれ、日本の良さを実感できる場面は、日常生活のなかでも少ないものです。
日本の音楽、民話、現代の子ども達が馴染みがうすくなりがちなテーマを楽しくとりあげ、東京ミュージカルキッズならではの日本的表現に取り組みます。
東京ミュージカルキッズは、特定非営利活動法人(NPO)申請準備中です。
こどもの心の教育と、芸術普及に努めています。

楽しく上達を目指すSTARへのパスポート

チャイルド・アテンダントサービス
チャイルド・アテンダントサービス
無料体験レッスン&説明会にて詳しくご説明します。お電話でご予約の上、お気軽にご参加ください。

名称 東京ミュージカルキッズ
事務局
〒157-0066 東京都世田谷区成城7-10-19
スクール
会場
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12
         スタジオアムリタウエストB1
レッスン: 毎週曜日16:30〜18:00
(15時から入室&練習できます)
体験申込 0120-194-205
E-mail info@t-mu.com(吉祥寺校体験希望と明記してください)
HP http://t-mu.com/
スクール会場の地図
吉祥寺駅中央口(北口)ロータリーの方へ出て商店街に向かって左(サーティーワンアイスクリームの方向)へ進む。パルコの前を通り、信号を渡り、三菱東京UFJ銀行の左側の中道通り商店街を入って行き、右側の3本目にVICという外国家電のお店がある角を右に曲がる。植木屋さんを過ぎると左側に「アムリタ食堂」というタイ料理やさんがあるので、そのビルのB1とB3がスタジオです。駅から5分程度です。
ページのトップに戻る
Copyright (c) hometown All Rights Reserved.